TVトレンド

台風の窓対策!養生テープの代用はできる?Twitter情報をリサーチしました

2019年10月に大型の台風19号が接近し、今年最強の台風として話題になりました。

窓の台風対策で“養生テープ”良いと聞いたので、台風が来る予定の前日に養生テープを買いに行きましたが、売切れが続出、買えませんでした。

“養生テープ”が手に入らなかった場合は、何か代わりになるものはないかと、みなさんのTwitterから参考になる情報をまとめました。

【台風の窓対策】養生テープの効果とは?

まず知っておきたい養生テープの役割ですが、窓ガラスが割れるのを防ぐのではなく、窓ガラスが割れてしまった際に起こる2次災害の予防に効果があると言われています。

とても参考になる動画です!

雨戸やシャッターがない窓には、こういったガラス飛散防止フィルムが有効です。

ガラス飛散防止フィルムがない場合は、養生テープで代用できるとのことです。“養生テープ”は、窓に貼っても剥がれやすく、あとがつきにくいメリットがあります。

台風の窓対策!養生テープの代用品

2019年10月に大型の台風19号が接近した時は、養生テープが売り切れているお店も多く購入することができませんでした。

そこで養生テープを代用している方をTwitterで調べました!

布ガムテープ

布ガムテープ”を使っている方の口コミです。

布ガムテームもキレイに剥がれた方も見かけましたが、剥がすのに時間がかかった方もいたので、台風が去ってそのままではなく“すぐ”に剥がしたほうが良さそうですね。

マスキングテープ

売り切れて購入できず、マスキングテープで代用されている方もいました。

しかし、マスキングテープの粘着力は弱いそうです。効果は期待できないのかもしれません。

マスキングテープの上にガムテープを貼って対策している方もいました。

プチプチ

“プチプチ”で対応されている方もいます。

窓の隙間を埋めることにも使えるそうです。

食品用ラップ

サランラップで対応されたいる方の口コミです。

ガムテープ

ガムテープは手に入りやすいですが、剥がすのが本当に大変だそうです。

我が家も一部分だけガムテープを使用したのですがキレイにはがせませんでした。この100均のシールはがしと無印のヘラを使ってなんとか剥がせました。ほんの少しでも大変でした。

台風の窓対策!テープの貼り方

窓に貼るテープにも貼り方があるそうです。テープだけでなく新聞紙やレジャーシート、ダンボールなどで補強すると良いそうです。

台風の窓対策!その他の対策

実体験の方のTwitterを見ていると、事前の対策の必要性を実感しました。

サッシの隙間にも新聞紙などを敷き詰めて雨の浸水対策したほうが良いそうです。

他にも、

  • 網戸が外れやすくなってないか確認
  • 窓の鍵を閉める
  • カーテンやブラインドを閉める
  • 窓には近づかない

などと対策が必要です。我が家はベランダの物干し竿も室内に入れました。

まとめ

養生テープ代用のまとめ
  • 布ガムテープ(あとが残る可能性あり)
  • マスキングテープ(効果は期待できない)
  • プチプチ
  • 食品用ラップ
  • ガムテープ(剥がれにくいので注意。シールはがしも準備する)

など。さらに、新聞紙・ダンボール・レジャーシートで窓を覆うと良い。カーテンも必須!

売り切れることは予想していなかったので、何事も早めの準備をすることが重要だと実感しました。

2019年10月に大型の台風19号が接近した時は、台風が上陸すると言われていた前日の朝一番にいくつかお店を回りましたが、養生テープは売り切れていました。

いつも以上に道が混雑、ガソリンスタンドも行列だったので、早くから出掛けてる方が多いと感じました。

我が家の窓は何事もなかったのですが、台風が去った後は近所の公園の木が根こそぎ倒れていたり、屋根が壊れてしまったのかブルーシートで対応している家も見かけました。

台風が去った数日後に我が家は車のタイヤがパンクしました。台風の影響なのかわかりませんが、他にも車がパンクしてしまったという話を数人から聞いたので、注意してください。

近所の一部地域では停電もしていたので、コンビニでは食料が売り切れたり、近所のお店を探し回っても懐中電灯類やスマホの携帯充電器が売っていたなかったと聞きました。

台風の時は窓から離れて寝ましたが、風の音がとても怖かったです。皆さんもどうかお気をつけてください!