Trendフード

成城石井のいちごバターのクチコミをリサーチ!一体どんな味なの?

成城石井で大人気の“いちごバター”が再販される度に話題になるので、人気の“いちごバター”が一体どんな味なのかとっても気になり、口コミを調査しました!

念願の“いちごバター”をゲットできたので感想も合わせてお伝えします!

成城石井のいちごバターのクチコミ

成城石井では、
「いちごの酸味とバターのコクが絶妙なバランス」
と言っています!

実際に召し上がった方のクチコミを見てみると、、、、

ああ、やっぱり美味しいやつでした(泣)

これは食べたいです!

バターの味はどのくらいするのかな〜と気になるのですが、

どちらかというと、バターというよりもジャムよりな感じですね。

そうそう、確かにバターを塗っていちごジャムを塗って食べれば良いのでは?と思いますが、違うようです!

我が家はいつもバターが溶けるのを待っているのですが、失敗すると一箇所しかバターが塗られてないこともあり子供からクレームが来ます(汗)

しかし、これだと1回でバターとジャムがパンに塗れるので、是非欲しい〜!

ほとんどクチコミが良く、食べたみなさんは幸せそうでした〜。
(リサーチしていた中で少数派ですが、期待した程でもなかった、という方もいらっしゃいました。)

なかなか買えませんが自分で買って試さないと〜、ですね!

成城石井のオンラインショップでも販売しています。

成城石井のいちごバターを実際に食べた感想

成城石井のいちごバター
いちごバターの色がジャムのように赤ではなく赤ピンク色でした。

頭の中でいちごジャムを想像していたので、一口目のいちごの酸味が予想以上でした。この酸味は癖になり、さらにジャムのように甘く感じないので、とまらなくなるんです(笑)

バターの存在は感じません。しかし、まろやかでコクがあるように感じるので、隠しバター的な存在なのかな、と思っています。

焼かないパンにも合うのですが、私は焼いたパンに乗せてちょっと溶かした感じで食べるのが好きだと判明しました!

今度は“いちごバター”を冷やしてからトライしたいと思います!

子供もいつも以上に食べっぷりが良かったので、競い合いです〜。

スポンサーリンク


成城石井のいちごバターの美味しさの秘密は?

成城石井のいちごバター

これだけ話題の成城石井のいちごジャムの原材料は、

  • いちご(国産)
  • 糖類(砂糖、オリゴ糖)
  • バター
  • ゲル化剤(ペクチン)
  • 酸味料
  • 安定剤(カロブビーンガム)

いちごは、福岡県産あまおう、栃木県産とちおとめ、愛知県産紅ほっぺなどの国産のいちごを使用しているようです!

そして、作り方の特徴として、

真空釜で温度を上げすぎず、短い時間で煮詰めているため、いちごの食感と酸味をしっかり感じられるように仕上がっています!
引用元:成城石井Facebook

お値段が、¥699(税抜)もする理由がわかりますね。いちごにも作り方にもこだわってます。

成城石井さんいわく、
いちごバターを冷やしてから焼きたてのトーストに塗ると、口の中でバターがとろける食感が味わえるそうです!

また、生食パンにそのまま塗って食べると、それは贅沢スイーツのような味わいだそうです。

是非試してみたいですね!

さいごに

4月24日に再販が開始された成城石井のいちごバターは場所によっては長蛇の列だったそうです。穴場な店舗だとすんなり買えた方もいるようなので、店舗により差があるようです。

5月29日の再販日が雨だったので、空いているかもしれないのでこれは行くしかない!と意気込んで25分前から並びました。近所の成城石井では、25分前で12番目でした。販売開始10分前くらいから並ぶ人が多かったように感じます。

子供の機嫌を取りながら並ぶのは、めっちゃしんどかったのですが、2人分ゲットできたので頑張った甲斐がありました〜!