レビュー

こどもちゃれんじ2人目はどうする?幼児ポピーを受講し比較した感想

我が家の1人目は、0歳から「こどもちゃれんじ」を受講しています。

はじめての子育てで、どうやって子供と触れ合い、どうやって教育をてしていくのかわからなかったので、月齢に合わせた子供用の知育おもちゃやママ向けの情報誌は、我が家には大活躍でした!

しまじろうにハマらない子供もいるようですが、私も子供もしまじろうが大好きです!こどもちゃれんじの手法にはまり、5歳になった今でも受講を続けています(笑)

子供は毎月楽しみにしているし、ひらがなの練習は、こどもちゃれんじだったらやる気を出してくれるので、本当に大活躍です!

さて、問題は2人目。

結論から言うと、我が家は2人目が2歳のときに他の通信教育の「幼児ポピー」を受講しました。「こどもちゃれんじ」との違いを含め、実際に使用した感想をお伝えしますね!

こどもちゃれんじぷちをお試しで1ヶ月受講した感想

できれば上の子と同じ教育をさせたかったのですが、お下がりの知育おもちゃや絵本がまだ使えたので、0歳・1歳の時は、こどもちゃれんじのお下がりを使用していました。

2歳が近づき、言葉もだいぶ覚えてきたし、色々と理解出来るようになってきたので、1人目同様にもう一度こどもちゃれんじを受講するか、他の通信教育にするか、悩みました。

ちょうど1ヶ月受講キャンペーンと、しまじろうのパペットがもらえるキャンペーンがやっていたので、3年経つと内容が変わっているのか知りたかったし、2人目の子供の反応も見たかったので頼んでみました!(兄妹喧嘩になるので、しまじろうのパペットが欲しかった理由もあります(笑))

我が家の兄妹は3歳差です。ちょうど2018年度から、おもちゃのキャラクターの一部変更されていました。なんだか新鮮です!

私の感じた点は、

キャラクターは変わっていますが、絵本の内容、知育おもちゃの基本は一緒でした。

こどもちゃれんじ絵本

DVDは2018年度は、バイリンガルのDVDになっていました。上の子の時は一部のコンテンツだけ英語でしたが、今回は英語も日本語でも聞けるんです。ちょっと魅力的(笑)でも、絵本や知育おもちゃがほぼ一緒だったら、もったいないしこれ以上の収納スペースがないので、悩ましいところ。

子供の反応はと言いますと、上の子が毎月こどもちゃれんじが届くのを見て、自分も一緒に喜んで開けるのを待っている状態。可愛い姿にちょっと心が揺らぎますね(笑)

やはり一般的に言われてるように、下の子は、成長が早いです。1つ上の学年を受講する事も考えましたが、そうするとキャラクターも一緒なので、魅力が感じられません。

「知育プラス」というワーク中心のコースだけ受講する方法もありましたが、1・2歳用だとほぼ理解出来ています。2・3歳用の途中から受講しようと思い電話で確認したところ、月の途中から受講するにはその月まで待たなくてはいけませんでした。

その月まで待っている頃には、その分野がもう理解できているはずだと思い、なかなかマッチしないのでこどもちゃれんじの受講は諦めました。

たまたま、こどもちゃれんじからの勧誘の電話がかかってきたので、2人目はどうしているのか聞いたところ、1つ上の学年を受講している方もいるし、私のように同じような内容のコースなので受講を断念している方もたくさんいる様子でした。

幼児ポピーを受講した感想

では、2歳児で出来る通信教育は?と思って探したところ月額980円という安さに惹かれ「幼児ポピー」を選びました!

我が家の2歳児は、学年の中だと生まれが早いので、2・3歳用でいけるんじゃないかな、と思い2・3歳用を受講しました。

半年経ちますが、けっこう良い感じです。シールがたくさんついているので、子供は喜んでが貼りたがります!
ももちゃんシール

毎号必ずついてくるカードもお気に入りです。これで単語を覚えたものもあります!

ももちゃんカード

わらべ歌コーナーもあるのですが、これも娘のお気に入りです。一緒にやるとニコニコ楽しそうですし、親子のスキンシップがとれるので、ママも楽しいです!

わらべ歌は、スマホや携帯からQRコードを読み取ると、わらべ歌や一部の音声を聞くことが出来ます。音声対応になっているものは、一部コンテンツのみですが、特に不便とは感じません。
ポピー

こどもちゃれんじのように、知育おもちゃは付いてきません。本の裏面にお届け内容が記載していますが、ポピーの本とミニ絵本、お家の方用の情報誌のみです。

受講した時に、ポピーのキャラクターの指人形が付いてきます。子供が指にはめてたまに遊んでいますよ!しかし、ポピーを始める時には、いつも見当たりません。(小さいのでいつも、どこかへお出かけしているようです(汗))

こどもちゃれんじと幼児ポピーを比較した感想

こどもちゃれんじぷち1・2歳用だと、我が家の2歳児には簡単そうでした。こどもちゃれんじ2・3歳用だと、絵本のお話が増えるので、読むことが多くなります。我が家の2歳児だとギリギリ聞ける感じです。でも、長くて飽きることもありました。

ポピー2・3歳用は、こどもちゃれんじよりはお話が少ないので、こどもちゃれんじの1・2歳用と2・3歳用の中間くらいなのかな、と感じました。

こどもちゃれんじポピー

シール貼りは、ポピー2・3歳用はたくさん貼れるのでシール貼りが大好きな我が家の2歳児には充実したシール貼りの内容になっています。

こどもちゃれんじの1・2歳用のシールは何度も貼ったり剥がしたりが簡単に出来ますが、こどもちゃれんじ、幼児ポピー2・3歳用の場合は、剥がす時に爪を引っ掛けないといけないので、何度も貼って剥がしたりするとシールがしわしわになっていきます。

不器用だからか、失敗することがあったので、あまり剥がさないようにしています(汗)

しつけ関連は、こどもちゃれんじはおもちゃと絵本と連動したDVDが見れるので、トイレや歯磨きやご挨拶などのしつけが教えやすいですが、ポピーは本の中の絵で説明しているだけです。

我が家のしつけ関連は、こどもちゃれんじのお下がりの方が大活躍しています。

まとめ

2人目だと、上の子を真似したがるので、上の子がお勉強するときには、下の子もポピーでお勉強させると喜んでいます!自分の教材が送られてくるのも、嬉しいみたいです(笑)

ポピーは、2歳0ヶ月の頃は、なんとなくママとやっている感がありました。読んで欲しい本はこどもちゃれんじの本ばかりリクエストされていました。2歳4ヶ月過ぎた頃から、これがやりたい!と言って、ポピーの本を自分で持ってくるようになりました。

幼児ポピーだけだと、こどもちゃれんじと比較すると物足りなさを感じるので、しまじろう好きの我が家には、こどもちゃれんじのお下がりと、幼児ポピーの併用がちょうどいい感じです!

ただ、文字に興味を持ち始めた時に、また様子が変わってきそうだし、年齢が上がってくると他にも出来る通信教育も増えるので、そのころにまた検討したいです!

ちなみに、こどもちゃれんじを資料請求すると、継続的に来る案内のお知らせでも、ちょっとした体験が出来ます。ちょっとだけシールが貼れたり、知育おもちゃが紙で体験できたりするので、これもオススメです(笑)
こどもちゃれんじ資料請求
こどもちゃれんじ2人目を受講するか悩んでいたら、幼児ポピーもオススメなので、興味があったらお試しもできるので試してみてくださいね!