千葉グルメ

「わた雲ベーカリー」幕張の可愛いパン屋さん

パン屋さんを開拓中のnaluです。今回ご紹介するのは、幕張駅から少し離れた所にある可愛いパン屋さん「わた雲ベーカリー」をご紹介しますね!

営業日が限定している可愛いパン屋さん

店内が可愛い!

わた雲ベーカリー
わた雲ベーカリーさんーは、気象予報士の資格を持つ柳さんが作られたパン屋さんです。店内に置いてあった月刊誌「ぐるっと千葉」に大きく掲載されていました!

そうか、だから店内の天井が空なんですね!かわいい~!

他にも雲の写真が展示してあり、さすが気象予報士さん!と納得です。こういった可愛いパン屋さんは初めてだったので癒やされました!おしゃれというよりも、ほっこりする可愛らしいパン屋さんだな、と感じました。

イートインコーナーもあり(座席数は3席でした)、買ったパンを店内で食べることも出来ますよ!
わた雲ベーカリー

営業日が限定されている

そして、こちらのパン屋さんは営業日が木曜日~日曜日の11時からです。お店のフェイスブックを見ていると、しばらくお休みだったようで10月から営業再開した様子です。

店長さんも変わったようで、訪れた時は雑誌に載っている店長さんではなかったような気がします。店内も、そんなに広くはないしパンの数も多くなかったのですが、全て1人で焼いているのかな?!逆に1人でこんなに焼けるんだ!とびっくりです。

パンの感想

パンのこだわり

わた雲ベーカリーさんのパンは、

  • 小麦粉は、全て北海道産の小麦を使用
  • 酵母は、酵母自身に甘みを持つ性質がある、白神こだま酵母を使用

とこだわっています。

店内にさらっと書いてあったのですが、原材料などを、こうやって提示してくれると消費者としてはとても嬉しいですね!

パン作りに欠かせない酵母にも色々な種類があるとは知らず、白神こだま酵母は初めて聞きました。白神こだま酵母は初体験なのでちょっと嬉しい!

わた雲ベーカリー

パンの感想

お昼前に行きましたが、15種類くらいのパンが並んでいました。子どもたちが大好きなメロンパン150円、レモンクリームパン150円、ウインナーフランス200円、平日食パン1斤300円を購入しました。

メロンパンは中の生地がしっかりしていて外はサクサクで、食べごたえがありました。
おなじ幕張駅近くにあるベイメロンパンとは、また感じが異なりましたが、こちらも美味しかったです。(でも、私は焼き立てのベイメロンパンさんのメロンパンの方が好きです。)

レモンクリームパンは、私がレモンクリームが好きなので、普通に美味しかったです!

ウインナーフランスはウインナーが大きくて食べごたえがあり、粒マスタードとマッチしていて子供も私もパクパクと食べてしまいました!

そして、私が一番お気に入りになったパンは、平日食パン。食パンなのに一般的な市販の食パンと比較すると少し重みを感じました。実際に食べると、もちっとしていて食べごたえがあり、美味しい!

焼いても美味しいのですが、焼かずにそのまま食べても美味しかったです。食パンを食べると、材料へのこだわりが一番実感できるような気がしました。もう一度食べたいのでリピ決定です!

お店情報

千葉県千葉市花見川区幕張5丁目417-284
043-307-2722

最寄り駅は幕張駅が一番近いと思いますが、駅からは15分位は歩きます。幕張駅の商店街を通ってずっとまっすぐ進みます。

近くには、千葉県立保健医療大学や放送大学などがあります。通りには一応面していますが、建物の角にあるので気づきにくいかもしれません!

駐車場はありませんでした。

わた雲ベーカリー

さいごに

営業日は木曜日から日曜日ですが、私が行った日の次の日が臨時休業日だったので、行かれる場合はお店に確認してから行ったほうが良さそうですね!

店内のイートインコーナーにこのお店が紹介されていた雑誌と一緒にノートが置いてありました。このノートを見るとお客さんのコメントが沢山書いてあり、ファンが多いんだな、と見ていてわかります。

そして、色々見ていると、みなさんオススメのパンが違う(笑)

やはり好みは人それぞれですね。シンプルなパンが好きな私は、まだ試せてないフランスパンと、平日食パンがもう一度食べたいので、また買いに行きたいと思います!