Trendフード

豆腐工房まめやの東京の販売店を調査【セブンルール】

5月28日放送の「セブンルール」では、都会を離れ長野県伊那市の人里離れた山間にお店を開いた「豆腐工房まめや」の店主青木春奈さんが出演されます。

自然が豊かで利便性の低い場所にお店があっても、県外から買いにくるお客さんが訪れるほど豆腐が評判の店だそうです。

そんな人気のお店「豆腐工房まめや」の豆腐を販売している都内の店舗をリサーチしました。

豆腐工房まめやの商品が買える東京のお店情報

以下の店舗は、公式HPの“まめやの豆腐を買えるお店”を参考にしました。

店舗によって取扱い商品が異なるようです。人気の商品なので購入される方は、在庫状況など事前に店舗に確認することをオススメします。

現在東京には3店舗ありました。東京近郊の神奈川・千葉・埼玉には取扱店舗はありませんでした。

自然食糧品店 味穂(江古田)

Web:Facebook
Add:練馬区栄町40-13
TEL:03-3948-5701

ナチュラルフーズ タンポポ(蒲田)

Web:HP
Add:大田区西蒲田7-21-8 蒲田ビューハイツ1F
TEL:03-3738-1228

やさい村(三鷹)

Web:HPInstagramFacebook
HP:三鷹市下連雀3-6-25
TEL:0422-47-6639

すべて自然食品のお店なので、お豆腐などの他にも身体に優しい商品を見つけることができそうですね!

実際に、購入された方の口コミも調べました!

豆腐工房まめやの商品の口コミ!

やはり、薪火と釜戸で作る商品はどれも絶品だそうです。味付けはシンプルで食べることが豆腐本来の味を堪能できるそうです。

パッケージもシンプルで優しい感じですね。豆腐も気になりますが、豆乳も飲んでみたいです!

長野にある豆腐工房まめやさんに買いに行けるんですね!揚げたてがんもは絶品らしいです。

すごく美味しそうです。納豆も美味しそうですね!

この投稿をInstagramで見る

たまたま出先にお洒落な豆腐屋さんが。←木綿豆腐1丁¥360税別!食通な友人も知らないって言うので物は試しで購入 今日はダイズ製品ばっかりの、質素で高級な食卓 #今日の夕ご飯 #おぼろ豆腐 塩で食べます!とびきり美味しいっ!試作品だとサービスでくださったもの♪感激♪味に更に感激♪ #冷奴 大事にチョイ出し 笑 #経木納豆 経木の香りがします、半額だったので購入、でも普通の納豆よりお高い… #トマト豆腐のサラダ トマト豆腐←近隣の普通のスーパーのです #ケチじゃない食卓 #ケチじゃないのに質素 #でも豆腐屋さんのお豆腐 #豆腐工房まめや #経木納豆 #おうちごはん #クッキングラム

ケチmanbmyさん(@manmabmy)がシェアした投稿 –

豆腐工房まめやの豆腐作りは同業者の方も驚いてしまうほど手間ひまをかけています。

大豆の甘みや旨味が感じられるお豆腐の製造のこだわりもすごく尊敬できました。

まめやの豆腐は魅力がいっぱい!

豆腐の原料は、大豆・にがり・水だけなので、使用している原料や製造法により豆腐の風味や食感が変わると言われています。この過程には技術力が必要不可欠になるので、お豆腐の美味しさの秘密は、豆腐作りの職人技ですね!

まめやさんは、昔から受け継がれた技術を使用し、できるだけ機械を使用せずに“手”仕事で豆腐を作っています。

ポイント1:鉄釜を使い、薪の火でじっくりと煮る。

薪で炊く食べ物は、味が違います。豆の香り豊かな風味や、優しい甘みが引き出されます。現代では失われてしまった本質的な美味しさが、ここにあるのです。
引用元:豆腐工房まめや

大豆を薪で炊くなんてスゴイですね。手間と時間がかかる事が想像できます。薪で炊くと味が違う、とおっしゃっているので、ますます食べてみたくなります。

ポイント2:天然にがりを使用

豆腐を固める工程に使用される“凝固剤”は、精製せず海水に最も近い「なずなの塩」の天然にがりを使用。ミネラルが豊富に含まれ大豆の甘みの引き立て役をしているそうです!

ポイント3:消泡剤は使用しない

大豆を煮るとみるみるうちに泡が吹き上がってきます。これを消すのが消泡剤です。
また、豆乳をムラなく煮る役割もあります。しかし、これが豆乳の風味を損なっていると考えます。安全性にも疑問符がつきます。
引用元:豆腐工房まめや

よく見る豆腐の消泡剤とは、大豆を煮る過程で使用されるんですね。まめやさんは消泡剤を使用せず、この過程でも手間と時間をかけて作業をしているそうです。

機械で生産された豆腐と手間ひまをかけた豆腐とでは味や風味に差が出る理由がわかりますね。

豆腐と同様にがんもや油揚げの製造もこだわりがあります。

  • 薪の火で揚げている
  • 油は福島県会津の「平出油屋」の圧搾菜種油(北海道産、青森産菜種)
  • 膨張剤は使用しない

材料にも製造にもこだわりのある愛情あるお豆腐、買いに行きたいと思います。

東京以外で購入できるお店は、公式HPの“まめやの豆腐を買えるお店”を参考にしてください!

公式HPからも購入することができます。

スポンサーリンク


豆腐工房まめやの店舗情報

Web: HPFacebook
Add: 長野県伊那市高遠町山室2326-1
TEL: 0265-96-7710

営業時間

  • 火・水・木→12:00~17:00(都合により16:00まで)
  • 金・土→10:00~17:00(都合により16:00まで)
  • 定休日→日曜日・月曜日・土曜不定休

代表的な商品だと

  • 木綿とうふ ¥370(税別)
  • 豆乳 ¥290円(税別)
  • 油揚げ ¥285円(税別)
  • 大粒納豆 ¥220円(税別)

などが販売されています。他にもおからやクッキーなども販売していました。

さいごに

「豆腐工房まめや」さんの手間ひまをかけたお豆腐、食べてみたいですね!

5人のお子さんを育てながら豆腐作りをされていて、同じ子育て世代の女性として尊敬します。是非応援したいと思いました。

長野までは買いに行けないので、東京のお店に買いに行きたいと思います!